"
にこまる栽培予定のほ場

『LinQ 高木悠未との掛け合い』
KB土曜もアサです「リア充さんちに行こう」(前編)2018年1月24日
2017年11月の熊本県菊池市「九州のお米コンクール」の様子などの映像 
--------------------------
RKB土曜もアサです「リア充さんちに行こう」(後編)2018年1月24日
リンゴガイ農法のお米作り、レストランで使われる野菜などのレポート映像
--------------------------
『RKBラジオ中西一清の電話インタビュー』
RKB中西一清「朝どれラジオ」でリンゴガイ農法しゃべりました。2018年6月28日
ラジオ音声に新旧スナップ写真を重ねたyoutube映像
--------------------------

  リンゴガイたより

4月10日〜:畔草刈り1回目終了し、小路界から2回目畔草刈り開始
3月30日:夢つくし・元気つくし・にこまる完売しました。
3月20日〜:「ライズ」散布終了、併せて畔草刈り開始
3月1日〜:土壌改良有機資材「ライズ」(花巻酵素)散布開始
1月10日〜:田起こし・「有機発酵堆肥」(宗像たまご)散布開始

==============2020年================

2019年は、田植え前の大雨、その後の渇水、低温・高温というように、台風以外の異常気象に悩まされました。田植え後の低温でリンゴガイの活動が不活発で雑草がはびこるほ場が何枚かあらわれ、アイガモン、草刈機、中耕除草機を使い分け、草刈りに追われました。2018年に徹底的にクサネムを撤去したので、2019年はかなり少なくなりました。しかし草が稲を駆逐するほど繁茂した3枚のほ場は、草の種が落ちるまで待って稲刈をしたがモミで200Kgほどしか収穫できなかった。草の多いほ場は軒並み収穫量が減ったようです。
カメムシやウンカの被害はまったくありませんでしたが、にこまるにシラタが多くなり、色彩選別機を導入することになりました。
色彩選別機は、カメムシ被害の黒くなった米粒や種などの異物を選別するのに使われるのですが、今年は白い米粒であるシラタの撤去のために引き合いが続出し、納入まで1ヶ月近く待たされました。それに黒い異物に比してシラタは通常の米粒と色合いが同じようなので、識別精度が落ちるようだ。
そして2019年度米はどの品種もネバリがわずかに多いように感じられた。幸い、にこまるの食味値は昨年同様に84点となり、おいしいお米と高い評価を得ることができました。

小型 色彩選別機[色選] SCS-7S? 直販農家様、お米屋さんで御好評頂いている小型色彩選別機がLED光源を搭載して新登場!
より速く、よりキレイにお米を選別します。

9月19日~10月11日:稲刈り
9月9日~9月1日:出穂
8月14日~10月3日:落水
8月2~6日:穂肥(・・)
7月12日:中干し
6月28日:雑草の芽がのび始めたので中耕除草
6月12日〜20日:夢つくし、元気つくし、にこまる、ヒヨクモチの田植え
6月11日:水の入ったほ場から代かき
6月10日:桜堤が開き、水路に水が回り始めた
6月2日:基肥散布(ぼかし)
5月30日:代かき前に畦塗り(畦塗り機導入)
5月19日:緑化が済み太陽シート撤去
5月15日:播種し平置きして太陽シートで覆う
5月14日:芽が出揃ったので催芽を終了し一晩陰干し
5月10日:温湯消毒して流水で浸種し種籾の芽出し
4月5日:土壌改良微生物資材「ライズ」、キャトルパワー(ペレット堆肥)散布終わりました。
3月25日:田起こし・土壌改良有機資材「ライズ」(花巻酵素)散布しています。

==============2019年================



5月20日:2018年度たねまきを行いました。いよいよ秋の稲刈りに向かって水稲栽培が始まりました。
==============

 
12月1日:インペラ振動籾摺り機(SY15AM)を導入しました。注文後籾摺りした新鮮な玄米が用意できます。
11月18日:新米の季節を迎えた菊池市で、第一回『九州のお米食味コンクール』が開催されました。九州各県から1671検体もの参加を受け、「田野のおいしいお米」にこまるは個人チャレンジ部門で入賞しました。その食味値は82点でした。これで自信を持っておいしいお米と言えます。ご支援ありがとうございます。
11月13日から土作りのため、10aあたり200Kgのライズ入り堆肥を散布し耕運しています。ススキ牧場の協力で堆肥とライズを混合してペレット化し10Kg袋詰しました。米づくりに必須のケイ酸と有用菌類を多く含むライズを堆肥と工場で混合した扱いやすいペレットで、ブロードキャスターで散布します。
10月20日:マルシチの精米機MC200を導入しました。低温・低圧精米でより美味しいお米に仕上がります。分つき米の注文対応可能です。3分、5分、8分、白米に対応いたします。
10月19日:ヒヨクモチの稲刈・乾燥終了しました。籾摺りは11月16日です。注文順に精米・発送いたします。リンゴガイ除草がうまくいかず草が茂り収穫量が激減しました。
10月10日:にこまるの稲刈り・乾燥終了しました。注文順に籾摺り・精米・発送いたします。
10月5日:元気つくしの乾燥終了しました。注文順に籾摺り・精米・発送いたします。
9月30日:今日から「と掛干し夢つくし」脱穀行います。月曜日に雨が降りそうなので、それまでに終わらせたいと思っています。今年は田んぼで干したのでハーベスターを田んぼに入れて脱穀です。ハーベスター故障で途中からコンバインで脱穀しました。藁束の結束をハサミで切りながらの作業に追われました。
9月21日:遠赤夢つくし稲刈り・乾燥終了しました。注文順に籾摺り・精米・発送いたします。
9月18日:夢つくし掛け干しあ開始しました。
9月18日:夢つくし稲刈り・掛け干しイベント(参加者25名)を行いました。掛干しの棚を組み、バインダーで刈った藁束を竿にかけます。好評のおでんと新米おにぎりのお昼をはさんで、3時頃に解散になりました。遠赤乾燥「夢つくし」のおみやげも好評でした。
9月13日:夢つくし稲刈り開始します。
7月19日:夢つくし中干し終わりました。
7月12日:溝切り・中干しを始めました。
6月21日:田植えが終わりました。
6月10日:代かき・田植えが始まりました。
6月10日:森浦溜池、桜堤溜池の堰が切られました。
6月1日:ぼかし肥料(ピュア有機アミノペレット)散布始めました。
5月22日:ツクシホマレ播種しました。
5月21日:にこまる播種しました。
5月14日:種もみ浸種開始しました。
3月18日:風があたらない南斜面にツクシが目立つようになりました。
1月24日:水路のあちこちで休眠するリンゴガイが確認できました。
2018年1月5日から水路と水口の整備をしています。

==============2018年================

上部へ戻る